明石家さんま 芸能

明石家さんまの自宅ビル住所は平河町?収入や総資産に驚愕!








明石家さんまといえば、テレビで見ない日はないというほど、昔と変わらず人気者だよな。

そんな明石家さんまの自宅ビル住所が平河町?と噂になっているようだ。

また、明石家さんまの収入やら総資産が驚愕!とも話題となっているそうだぞ。

今回は、明石家さんまの自宅ビルの住所が平河町なのか、収入や総資産について調べてみたぞ。

明石家さんまのプロフィール

引用元:https://laughmaga.yoshimoto.co.jp/archives/46479

明石家さんまプロフィール
  • 本名 : 杉本 高文
  • 生年月日 : 1955年7月1日
  • 出身地 : 和歌山県
  • 血液型 : B型
  • 身長 : 172㎝

1974年に花月劇場で見た笑福亭松之助の落語に心を打たれ、弟子入りを申し出て落語家としてデビューをする。

当時の名前は笑福亭さんまで、さんまの由来は、実家がさんまの水産加工業をしていたからのようだ。

だが、入門してすぐに弟子修行を放り出し、交際していた女性と上京した。

東京で一旗上げようとしていたのだが、失敗し、大阪へ戻ると笑福亭松之助の元を訪ねたが、松之助はまんまを怒る事もなく、快く受け入れたという。

ちなみにその交際していた女性は他の男性とすぐ結婚したそうだ。

その後、落語家としては才能がなかったさんまは、落語家から漫談家に転身し、師匠である松之助の本名、明石をもらい明石家さんまとなった。

そして、しゃべりが面白いと評判となりバラエティ番組で活躍するようになった。

80年代には『俺たちひょうきん族』の放送が始まり一気に全国区へ進出し、お笑いだけではなく、俳優としても活躍する事もあった。

人気ドラマとなった『男女7人夏物語』で大竹しのぶと共演し、交際がスタートする。

1988年、女優の大竹しのぶと結婚した。

1989年には大竹しのぶとの間に長女IMALUが誕生する。

さんまの座右の銘である『生きてるだけでまるもうけ』から名前をいまると名付けた。

1992年に離婚した。

当時、結婚会見をするのは普通だったが、改めて離婚会見を開き、離婚を笑い話に変えて、笑いを取っていた。

以前60歳で芸能界を引退すると語っていたが、それを撤回し、現在も第一線で活躍している。








明石家さんまの自宅は平河町?現在の住まいは?

引用元:https://ameblo.jp/medaka-idea/entry-12505411286.html

これだけ活躍している明石家さんまは、いったいどんな自宅に住んでいるのか疑問に思う人も少なくないだろう。

何でも平河町に住んでいるという事を以前テレビで話していたようだ。

想像だけでもとてつもなく高級なマンションとか広い豪邸を想像してしまうが、実は明石家さんまの自宅は、平河町にあるビル1棟全部という情報があった。

さすが芸能人!って感じだよな。

平河町にある自宅のビルは4階建で、1階は駐車場になっていて、2階は事務所、明石家さんまは3階4階を主に使っているようだぞ。

部屋は各階が1LDKで20畳ほどあり、内装や外装にかなりこだわりを持って作られたらしい。

3階の内装は、1970年代の「ロサンゼルスのアイスクリーム屋」をイメージし、4階の内装は「ビリージョエルのニューヨーク52番街」のポスターのイメージで作られたようだ。

引用元:https://kyun2-girls.com/item/I-PA000000000002525625

ビルの外観は、アメリカから赤茶色のレンガを取り寄せ改装するこだわり御殿である。

この自宅ビルに1人で住むにはかなり広いし、十分だよな。

明石家さんまの自宅ビルの場所は、千代田区平河町のようだが、ここは皇居にも近くかなりセレブの街のようだ。

また、かなり治安がよく平河町の隣町には警視総監の公邸や、警察の公舎もあるらしく夜は静かで本当に住みやすいと言われている。

いずれ、平河町にある自宅のビルはIMALUにと思っているようだ。

だが、こんな一等地ビルの固定資産税だけでもかなり高そうだし、IMALUもこの家に住むならそれなりの稼ぎも必要だろうな。








明石家さんまの収入や総資産に驚愕!年収15億円は本当?

引用元:http://www.1242.com/lf/articles/110176/?cat=sports,entertainment&pg=sp

これだけ、長い間芸能界で活躍している明石家さんまの総資産はとてつもない額だろうと想像してしまうが、実際はどうなのだろうか?

年収なんかも気になるところだが、実はネット上では年収15億円と噂されているようだぞ。

一般庶民からすると想像も出来ない程の額だが、その額を毎年稼いでいると思うとすごいとしか言いようがないよな。

そこで、どんな内訳で稼いでいるのか調べてみると、明石家さんまは現在番組1本のギャラが150万と言われている。

そこにCM契約が1本1億8千万のようだが、それだけでは、15億円にはならないよな。

実はビートたけしが年収15億円という噂が出たので、明石家さんまも年収15億くらいあるのでは?という噂からきたようだ。

だが、吉本の社長がさんまの年収は8億ぐらいと言っていたらしいぞ。

もし本当だとしたら、明石家さんまの年収が8億だと、ちょっと少なく感じるからもう少し上なのではないか?と思われる。

それでも桁違いの年収だけどな。

そうなると、明石家さんまの資産はいくらあるのかというのも気になるが、実は推定資産100億円という事が噂されている。

芸能生活も長くこれだけの間、第一線で活躍していたら資産もそれ以上持っていても納得だ。

でも、明石家さんまは、後輩にもお金を使うという事も有名なので、この資産100億というのが妥当な金額なのかもしれないな。








明石家さんまや大物芸能人の年収がスゴい!

引用元:https://kyun2-girls.com/item/I-PA000000000002525697

2005年までは、政府により高額納税者が発表されていた為、ワイドショーなどでは芸能人の高額納税額ランキングなどを発表していて話題となっていたよな。

その頃から明石家さんまは上位にランキングしていたし、ずっと高額納税者として発表されていた。

世間でも、だいたいこの人はいくら年収があるなども計算出来たのだが、そのランキング発表が犯罪につながる可能性があるかもしれないと政府が発表する事はなくなった。

その事からランキングが発表されなくなってからは、芸能人の年収などは予想するしかないようになったのだが、毎年推定年収を予想が出されているのでそれを元にランキングにまとめてみたぞ。

2019年版推定年収ランキング

10位
マツコデラックス・・・6億円

9位
上田晋也・・・6億8千万

8位
太田光・・・7億2千万

7位
メリー藤島・・・8億円

6位
田中裕二・・・8億2000万

5位
ジャニー喜多川・・・8億9千万

4位
タモリ・・・9億9千万

3位
明石家さんま・・・11億3千万

2位
ビートたけし・・・15億8千万

1位
秋元康・・・50億以上

1位の秋元康は、もうぶっちぎりの1位だな。

確かにあれだけアイドルを始めプロデュースしているし、もっともっと上の金額のような気もするな。

ここでは、明石家さんまの年収を11億3千万と予想していたが、それくらいは稼いでいるのではないかと予想されるぞ。








まとめ

今回は、明石家さんまの自宅ビル住所は平河町?収入や総資産に驚愕!について調べてみたが、さすが芸能人だという感じがしたよな。

まず、自宅がビルっていうのが、一般庶民からすると、ビルって住むものなの?という感覚になる。

それを1人で住んでいるんだから、想像も出来ない生活だよな。

そして年収や資産にも、もはや多すぎて訳がわからない。

資産100億円と言われているが、まだまだこれから活躍し続けるだろうし、資産も増えていくんだろうな。

これだけ稼いでいたらおそらく、お金の為に仕事をしているという感覚ではなく趣味のようなものかもしれない。

だからいつも楽しそうに見えるのだろうか?

明石家さんまを見ていると、こんな風に人生生きられたらと思う人も多いだろうな。






















-明石家さんま, 芸能

Copyright© LOVE&PEACE , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.