芸能

久保田紗友は悪役が多いが実際の性格は?過保護のカホコに出てた?







人気上昇中の”久保田紗友”はネクストブレイク間違いなしだが、悪役が多いよな。

悪役を演じるとヒロイン以上に注目を浴び、まるで本人そのものが悪い人間のように思われ非難の声が上がることもある。演技力が高ければ高い程、役柄に演者を重ね合わせて観てしまうが、”久保田紗友”の実際の性格はどうなのだろうか。

そこで今回は、こんな事を調べてみた。

久保田紗友の女優としてのポジション<悪役枠で決定?>

久保田紗友  ドラマ「過保護のカホコ」の役どころ

久保田紗友の性格

気になったらチェックしてくれよな!

久保田紗友のプロフィール

出典:https://www.crank-in.net/

本名:久保田 紗友(くぼた さゆ)

生年月日:2000年1月18日 21歳(2021年2月25日現在)

出生地:北海道札幌市

身長:158 cm

血液型:A型

職業:女優

活動期間:2008年~

所属劇団:劇団ハーベスト(2012年~2018年)

所属事務所:ソニー・ミュージックアーティスツ

久保田 紗友Twitter

久保田紗友Instagram

出典:Wikipedia

北海道で生まれ育った”久保田紗友”は、小学4年生の時には既に地元の芸能事務所「キャスティングオフィスエッグ」に所属し、同事務所の劇団「フルーツバスケット」の舞台やCMなどに出演していた。

出典:http://blog.livedoor.jp/hironori818/archives/52926015.html

この頃はまだ、ダンスも演技も歌も好きでどれが1番かは自分でもまだ分からなかったそうだが、「美少女戦士セーラームーン」に出演していた北川景子に憧れ、女優を志すようになる。

2012年「ソニー・ミュージックアーティスツ」主催の女優発掘オーディションに合格 「アクトレース」から選抜されたグループ「劇団ハーベスト」に参加し舞台を中心に活動。

2013年2月 ドラマ「神様のイタズラ」(BS-TBS)の主演に抜擢され主題歌も担当。

出典:http://manabi.retronote.com/

2015年春 高校進学を機に北海道から上京し本格的に活動を開始。

ちなみに、”久保田紗友”の父親は札幌市で「オプティーク★幸」というメガネ屋を営んでいるようだ。

出典:Twitter.com

そして、「オプティーク★幸」の店舗には”久保田紗友”の姉が店長を務める「グラスCafe」が併設されている。

2017年7月15日公開の「ハローグッバイ」で、長編映画初主演。

2018年4月 第13回公演「明日の君とシャララララ」をもって劇団ハーベストを退団。

出典:Twitter.com

2020年1月 20歳を記念した初写真集「1st写真集 久保田紗友」を発売。

久保田紗友  主な出演作品

■ドラマ

神様のイタズラ

べっぴんさん

過保護のカホコ

この世界の片隅に

アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋

M 愛すべき人がいて

オー!マイ・ボス!恋は別冊で

ホリミヤ

■映画

ハローグッバイ

サヨナラまでの30分

こうしてみると”久保田紗友”は順調満帆な道を歩んできたように思えるが、挫折も味わっている。

2013年 ファッション雑誌「セブンティーン」の専属モデルオーディション「ミスセブンティーン2013」の最終候補者22名に選ばれたのだが、残念ながらグランプリには選ばれず、モデルデビューは果たせなかった。

出典:Twitter.com







久保田紗友は悪役枠で決定?

出典:Twitter.com

ドラマ「過保護のカホコ」「M 愛すべき人がいて」「先生を消す方程式。」などで「影のある少女」や「イヤな女」を演じ、悪役枠でのポジションを確立しつつある”久保田紗友”だが、悪女役の第一人者"菜々緒”のように悪役枠で決定なのだろうか。

最新の主演ドラマ&映画「ホリミヤ」では、悪女役とは正反対の優等生女子高生という正統派ヒロイン役を演じているぞ。

出典:https://screenonline.jp/

シリーズ累計600万部を突破した超人気漫画「ホリミヤ」が実写映画化&TVドラマ化されているのだが、”久保田紗友”は優等生で明るく人気者の女子「堀京子」を演じ、甘酸っぱい青春ストーリーになっている。これまでの役とは真逆だな。

”久保田紗友”自身は悪役のイメージについてどう思っているのだろう。インタビューで語っていたので紹介しよう。

ーー昨年は『M』『先生を消す方程式。』で続いたイヤな女役の好演ぶりが話題になるとともに、女優・久保田紗友を視聴者に印象づけました。

「私自身はイヤな女役をやっている意識はまったくなくて。たしかにどちらの役も意地悪な一面はあるんですけど、最終的には自分に非があることや負けを認めています。ちゃんと善の部分もあるし、2人とも弱いところがあるだけで根はいい人なんです。だから、むしろまったく善がない“完全な悪”の役をやってみたいです」

ーー久保田さんのイヤな女役は圧倒的な存在感があります。目つきや顔つきまでふだんと変わっています。

「人ってマイナスなことを言ったり、意地悪なことをしたりする瞬間って、言葉を選ばずに言うと、すごくブサイクになると思うんです。ネガティブな発言は、どんな人が言ってもその人の輝きを失わせるから。だから、役の気持ちに入り込んで、自分がそういうすごくイヤな顔になっていることを意識しました。実際、そう感じていただけたならうれしいです」

<中略>

ーー 一方で、悪女役の印象が強すぎるがゆえにイメージが定着してしまう怖さはありませんか?

「悪女役のイメージがついたとしても、それによって他の役がやりにくくなるとはまったく思いません。もしイメージが定着したらそれを壊していけばいい。むしろ、違いを見せられるチャンスでもあると思います。常にいままでやったことのない役にトライしていきたい。難しい役柄ほどやりがいを感じます」

出典:Yahoo!ニュース

”久保田紗友”の悪役は魅力的だが、本人は常にいままでやったことのない役にトライして振り幅の大きい女優を目指しているようだ。







久保田紗友は過保護のカホコに出演していた?役どころは?

出典:Twitter.com

過保護のカホコ  あらすじ

ヒロインの「カホコ(根本加穂子)」は、全ての行動を親任せにする過保護の性格を持つ箱入り娘で、外泊はおろか買物すらしたことがない。そんなカホコとは性格が全く反対な青年「麦野初」との出逢いで、人生観が一変。カホコの自分探しが始まり毎回「こんなの初めて」な経験を通して家族の問題を解決していくホームドラマ。

根本加穂子:高畑充希(主人公)

根本泉:黒木瞳(加穂子の母)

根本正高:時任三郎(加穂子の父)

麦野初:竹内涼真(加穂子の人生を変える青年 のちに加穂子と結婚)

国村衛:佐藤二朗

国村環:中島ひろ子

根本多枝:梅沢昌代

根本教子:濱田マリ

富田厚司:夙川アトム

富田節:西尾まり

富田糸:久保田紗友

並木初代:三田佳子

並木福士:西岡德馬

根本正興:平泉成

久保田紗友ー富田糸

出典:Twitter.com

「過保護のカホコ」での”久保田紗友”の役どころは「富田糸」18歳 プロのチェロリストを目指す女子高生。母親の「節」が加穂子の母「泉」の妹であるから加穂子の従姉妹になる。

幼い頃は加穂子と姉妹のように仲が良かったが、病気でチェロが弾けなくなった事から親戚  特に加穂子を疎ましく思っていた。

チェロが弾けなくなった糸は、悪い仲間とつるむようになり警察に補導されてしまうまでになるが、最終話では加穂子と初に背中を押され皆の前で「音楽を絶対に諦めない!」と宣言。







久保田紗友の実際の性格はどうなの?

出典:Twitter.com

悪役やイヤな女役のイメージがついてしまった”久保田紗友”の実際の性格はどうだろう?

◆自分がどう見られているかをあまり気にしない。

◆自分の考えをまっすぐに伝えられなく不器用

◆負けず嫌い

◆ポジティブ

◆結構おしゃべり

過去のインタビューで”久保田紗友”が自分について語った言葉だ。クールビューティな容姿からあまり笑わないように思われがちだが「普通に笑いますよ!」ということだ(笑)

「見た目は大人っぽいと言われることもあるんですけど、中身はぜんぜんなんです(笑)」と語る”久保田紗友”の目標は「しなやかで芯の強い素敵な大人の女性」になる事だそうだ。







まとめ

さて、”久保田紗友”について紹介したが如何だったかな。

若手女優の中で“悪女役の第一人者”との呼び声が高い”久保田紗友”だが、最新主演作品では優等生のヒロインを演じている。

本人も「常にいままでやったことのない役にトライして振り幅の大きい女優になりたい」と語っているから「悪役枠」には収まらないだろう。ドンドン色々な役に挑戦しイメージをぶっ壊してくるのではないかと思う。

「ポジティブで負けず嫌い」 上等だな!

”久保田紗友”がどんな役に挑戦してくるのか楽しみだ。






















-芸能

Copyright© LOVE&PEACE , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.