有村架純の父親は現在は鹿児島?浮気で離婚していた?

スポンサーリンク





チャーリー閣下
待たせたな。貴様の希望、チャーリー閣下だ。

有村架純は2013年にNHKの連続ドラマ小説「あまちゃん」に出演し、小泉今日子演じる天野春子の若かりし頃を好演してブレイクした。

引用元:https://www.cinematoday.jp/news/N0093954

その後は嵐の二宮和也主演ドラマ「弱くても勝てます〜青志先生とへっぽこ高校球児の野望〜」や、「僕だけがいない街」などの話題作に出演した他、「ビリギャル」では茶髪姿で世間を驚かせた。

NHKの連続ドラマ小説「ひよっこ」ではついにヒロインを務め、NHKの紅白歌合戦の司会を2年連続で務めるなど、その活躍は目覚ましい。

最近では、神木隆之介主演映画「3月のライオン」で妖艶な悪女役を、嵐の松本潤主演映画「ナラタージュ」では、大胆なベッドシーンに挑戦するなど、これまでの清純なイメージを覆すような役にも果敢に挑んでいる。

そんな、順風満帆に見える有村架純だが、実はプライベートは少々複雑なようだな。

 

両親が離婚

 

有村架純の家族については、母親と姉の話が出るくらいで、父親の話をしたことはほとんどないようだな。

姉についても、新井ゆうこという名前で活動していたため、血縁関係にあることは知られていなかった。

姉妹であることが世間に知られ、2017年には姉が本名の有村藍里と改名し、より姉妹関係が浸透していったに過ぎず、有村からは積極的に話題に出すこともないようだ。

そんな有村であるから、父親についてはほとんど知られていなかったが、どうやら現在は別居しているらしいな。

引用元:https://pixabay.com/

その理由は、有村が中学生の時に、両親が離婚したせいだと言われているぞ。

離婚の原因については浮気だという噂もあるが、確証はなく、はっきりとは分かっていない。

しかし、父親が現在住んでいる場所について情報がいくつかあるので、見ていこうではないか。

 



<スポンサーリンク>



父親は鹿児島にいる?

 

父親については、現在鹿児島に住んでいるのではないか?という情報があり、ネットで検索しても、鹿児島というワードが出てくるようだな。

なぜかと言うと、有村がヒロインを務めたNHKの連続ドラマ小説「ひよっこ」で、父親を演じた沢村一樹が鹿児島出身であるからだ。

引用元:https://thetv.jp/news/detail/121857/674037/

「なんだドラマの話か」と思うが、実はそれだけではないらしい。

有村の祖父母が鹿児島出身という情報があるため、有村の実父も鹿児島で娘の活躍を見守っているかも・・・というのが噂の元のようだ。

有村は父親にかなり懐いていたようだから、父親としても、離婚したとは言え娘の活躍を見守りたい気持ちがあるのかも知れぬな。

実際に鹿児島にいるかどうか、具体的な情報はないが、どこかで見守っていてくれるなら、有村としても心強いのではなかろうか。

 



<スポンサーリンク>



夫婦げんかに耐えた子供時代

 

有村の家は家庭環境がよいとは言えなかったようで、両親のけんかが耐えなかったようだな。

親のけんかというのは、いくつになっても子供にとっては耐えがたいものであり、精神的に辛いものであるが、有村はそんな状況でも、自分がしっかりしなければと耐えたようだ。

両親が離婚したと言われているのは有村が中学生の時だが、中学生と言えば思春期真っ只中で、非常に繊細な時期でもある。

徐々に大人になりつつも、まだまだ子供である微妙な時期に両親の離婚というのは、大きなストレスになったことであろう。

また、有村は父親にべったりだったようだから、父親と離ればなれになるのは、子供として非常に辛かったことであろう。

 



<スポンサーリンク>



母親との絆

 

両親のけんかが原因で離婚し、大好きな父親と離ればなれ・・・となれば、母親との関係もぎくしゃくしたのではないかと心配してしまうが、そんなことはなかったらしい。

有村の芸能活動を支えてくれたのは、他でもない母親だからだ。

引用元:https://pixabay.com/

母と二人三脚で辛い中をがんばってきたこともあり、現在の有村がいるのだな。

まだ若いながら、非常に落ち着きがあり、自分というものをしっかり持っているのは、子供時代の環境も影響してのことであろう。

辛い中でも自分を見失わずに耐えてきたから、芸能界という荒波に揉まれても自分をしっかりと持っていられるのであろう。

有村は、実の姉である有村藍里がグラビアアイドルとして活動していることでも注目されている。

元々は新井ゆうこという芸名で活動していたが、2017年に入り、本名である有村藍里を名乗るようになった。

売名行為だとか、姉妹仲が悪いのではないかといった噂が絶えぬが、有村は非常に落ち着いた態度を取り続けているな。

姉については深く言及せず、適度な距離を保っている。

引用元:https://geinoutime.com/arimurakasumi-era-suppin-1345

国民的女優にまで上り詰めた有村にとって、姉のグラビアアイドルという職業は、まったく気にならないと言えば嘘になろう。

しかし彼女なりに、ほどよい距離感を保ちつつ、自分の仕事に専念している姿には感銘を受ける。

そうした、表向きは穏やかながら芯の強いところが、女優・有村架純をさらに輝かせるのではなかろうか。

これからも、彼女の活躍に期待するばかりである。

チャーリー閣下
それでは失敬する。また会いに来てくれたまえ。手土産などは気にする必要はないぞ。ハッハッハ


スポンサーリンク







<スポンサーリンク>



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)