坂口健太郎は下手だがピアノが弾ける?革命やかもめでの動画は?

チャーリー閣下
待たせたな。貴様の希望、チャーリー閣下だ。

坂口健太郎と言えば、あっさりとした塩顔男子の火付け役であるイケメン俳優だ。

引用元:https://meigen.keiziban-jp.com/sa_k

元々はMEN’S NON-NOの専属モデルとして働いていたが、2014年くらいから俳優業にも携わるようになり、183センチという高身長にモデル出身のルックスやスタイルも相まって、瞬く間に話題をかっさらった。

今や若手イケメン俳優の代表格とも言えるであろう。

さて、そんなルックスも演技も魅力的な坂口健太郎だが、どうやらピアノの腕前が話題になっているようだぞ。

 

坂口健太郎のピアノは下手?

 

坂口健太郎は183センチという身長を活かし、高校時代にはバレーボールに勤しんでいたようだ。

その後、MEN’S NON-NOのモデルを決めるオーディションに応募し、見事合格を果たした。

そして、メンズノンノ専属モデルとして芸能活動を始めたのである。

今やすっかり定着しつつある「塩顔男子」だが、火付け役となったのは他でもない坂口健太郎であるぞ。

坂口が塩顔男子として注目を集め始めたのが2013年のこと。

その後、2014年からは徐々にドラマなどにも出るようになり、イケメン俳優として女性から絶大な人気を誇っているのである。

さて、本題に入ろう。坂口健太郎はそもそも、ピアノを弾けるのであろうか?

いくら役柄上ピアノが弾けるとは言っても、それは設定上のことで、実際に役者が弾けるとは限らない。

では、坂口健太郎の場合はどうか。

引用元:https://cherryblossom-sweet.site/162

これがどうも、実際にピアノを弾けるというから驚きである。

となると、気になるのはその腕前であろう。

「坂口健太郎 ピアノ」と検索すると「上手い」「下手」が両方出てくる。

俳優がピアノを弾けると言っても、楽器の演奏はなかなか難しいため、「どうせ下手だろう」と思われてしまうのも無理はないことであろう。

では、実際のところどうなのだろうか?

 



<スポンサーリンク>



「ごめん、愛してる」でのピアノが話題に

 

坂口健太郎は数々のドラマや映画に出演しているが、役を演じるということは、それだけ多くの職業を擬似的に経験することでもある。

医者や弁護士、教師やスポーツ選手など、実際にはそうそうなれない職業も、役を通して体験できるのが役者の醍醐味かも知れぬな。

さて、そんな役者として坂口健太郎が演じたのは、ピアニストである。

引用元:https://eiga.com/news/20170410/2/

TOKIOのメンバーである長瀬智也が主演を果たしたドラマ「ごめん、愛してる」でのことだな。

このサトルがピアニストという設定であったため、ドラマの中で披露されたピアノの腕前が話題になっているのだ。

とは言え、素人が弾いたピアノならすぐにバレてしまいそうである。

なぜここまで大きな話題となっているのであろうか。

 



<スポンサーリンク>



「革命」が弾ける?



坂口は、自身が出演したドラマ「ごめん、愛してる」でもピアニストのサトル役を演じ、第5話では見事な腕前を披露したぞ。

坂口はドラマの中で、大竹しのぶ演じる母親・日向 麗子に溺愛される甘ったれた息子・サトルを演じている。

サトルは天才ピアニストという役柄であるが故に、ピアノを披露する場面があり、坂口は苦労したようだな。

それこそ血の滲むような練習をし、できる限り嘘をつきたくないと、自分のピアノを演奏することにこだわったようだ。

いくら幼少期に習っていたとは言え、プロ意識の高さをうかがえるエピソードだな。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=Q-pKti8Fkug

これは、坂口がピアノを練習している風景だが、聴く限りでは決して下手ではなさそうだ。

短い時間だが、坂口の努力の跡と、ピアノの腕を確認できるぞ。

この演奏からも分かるとおり、素人目ではあるものの、決して下手ではなく、むしろ上手いことが分かるな。

坂口のピアノの腕は、共演した長瀬智也や吉岡里帆も絶賛するほどだ。

さらに驚くことに、坂口はピアノの練習を、わずか1か月前から始めたばかりだと言う。

幼い頃に習っていたとは言え、楽譜も読めない状況から短期間でここまで腕を上げるとは、やはり才能があるのであろう。

 



<スポンサーリンク>



チェーホフの舞台「かもめ」でも演奏

 

坂口健太郎は、2016年に上演されたチェーホフの舞台「かもめ」でもピアノの生演奏を披露し話題となった。

引用元:https://enterstage.jp/news/2016/08/005396.html

坂口健太郎は舞台で主人公で作家志望の青年・トレープレフを演じ、舞台の一幕でピアノの腕前を披露したようだな。本人が弾いていたことに、驚きの声も上がっている。

どうやらピアノを習った経験はあるようだが、保育園の時に2年ほどという短期間である。

小さい頃は吸収力が高いと行っても、やはりこのエピソードには坂口の才能を感じざるを得ないな。

イケメンでピアノの腕も立つとなれば、女性ファンはますます坂口健太郎に夢中になってしまうであろうな。

天は二物を与えずと言うが、坂口に至っては、うらやましいほどの才能で溢れているようである。

チャーリー閣下
それでは失敬する。また会いに来てくれたまえ。手土産などは気にする必要はないぞ。ハッハッハ


今だけスマホで無料で人気漫画が読める?!

私はこのサイトでちはやふるをスマホで1日で読破した。

ちはやふる以外にも、今話題のおもしろい漫画が今だけ無料で読めるようだ。

期間限定で今だけ『ちはやふる』が無料で読める「ebook japan













<スポンサーリンク>



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)