石原さとみが綺麗になった理由や秘訣とは?昔の顔・横顔の画像と比較!

チャーリー閣下
待たせたな。貴様の希望、チャーリー閣下だ。

現在、TBS系列で主演ドラマが放送中の女優:石原さとみ。

役者としての実力は当然なのだが、それ以上に我々を惹きつけるのはやはり彼女の美しさではないだろうか。

ただ単に「美人」という言葉では説明でなきないほどの魅力を持っている石原さとみの美しさ。

彼女がこんなにも綺麗になったのには、何か理由や秘訣があるのだろうか。

貴様たちも一度は鏡に向かって「自分も、石原さとみの様な美人になれればなぁ」と思ったことがあるだろう。

そこで、今回は石原さとみの美貌について特集したいと思う。

昔の彼女の顔と横顔などから比較してみたい。

楽しみにしていろ。

●石原さとみプロフィール

芸名:石原 さとみ(いしはら さとみ) 生年月日:1986年12月24日 出身地:東京都 身長:156㎝ 血液型:A型 所属事務所:ホリプロ 職業:女優

石原さとみと言えば、今主演ドラマ「アンナチュラル」が絶賛放送中だな。

映画にも多く出演しているが、やはり石原さとみの活躍場所はドラマだ。

2003年のNHK朝ドラ「てるてる家族」でヒロインに抜擢された事から火が付き飛ぶ鳥を落とす勢いを見せてここまで成長した大女優だ。

既に、芸能界デビューしてから3年という若さで2005年の大河ドラマ「義経」でヒロインを務めている。

現在、31歳の石原さとみだが今後どれほど大物に成長するのか楽しみだが恐ろしい気もしてしまうほどの女優だな。



<スポンサーリンク>



●石原さとみが綺麗になった理由や秘訣とは?

https://cdn.kaumo.jp/element/08efce5c-1e75-4e45-9586-8db0cdfe5fca.jpg

石原さとみと言えば、アメリカの雑誌が選ぶ世界で最も美しい顔100に2013年に32位にランクインし、2014年に25位、2015年に19位、2016年に6位に選出されるなどその美貌は世界でもトップクラスを誇っている美人だ。

こんなにも高い順位でランクインしている女優は彼女くらいではないだろうか。

ミスJAPANなどに出場している様な人物たちなら分かるが、石原さとみは普通の女優だ。

だが、4年も連続でランクインし6位に入り込んでいるとは同じ日本人として誇らしい気持ちもある。

そんな彼女だが、最近本当に美しさに磨きがかかってきた。

31歳になり大人の色気もさらに醸し出してきて、貴様たちの様な同性でも石原さとみの色気にうっとりしているのではないのか?

そんな石原さとみの美しさの秘訣や理由は何かあるのだろうか。

もし秘訣があるならば、貴様たちでも石原さとみに近づける可能性は高いかもしれない。

調べてみると、石原さとみはスキンケアに並々ならぬ努力をしているようだ。

どんなに仕事で帰宅が遅くなっても、綿棒でアイメイクをしっかりと落とすなどのクレイジングには時間をかけているという情報があったぞ。

他にも、お風呂上りに顔がまだ濡れている状態でオイルをしっかりと肌に染み込ませたり、化粧水は粒子が細かいものを何度も何度も肌に染み込ませてからクリームで保湿をするなどしているそうだ。

さらに、理想的な体型をキープするために毎日ストレッチを欠かさず体を冷やさないようにも心がけているというから驚きだ。

あれだけの多忙を極める大女優でも、やはり美人で居るためには影でしっかりと努力しているのだろう。

貴様たちの様に、飲むだけで痩せるサプリ!など楽して全てを掴もうとしている生半可な思いではやはり石原さとみに近づくことは難しいのかもしれないな。

さらに、食生活にもしっかりとこだわりをもっていてきちんと毎日3食食べて青汁も欠かさず飲んでいるそうだ。

やはり、美しさは見た目だけでなく内面からも作られているのだな。

これだけの努力を欠かしていない石原さとみだが、インタビューなどで「美貌の秘訣は?」と聞かれ「何もしてないですよ~」と答えている。

これに対して、貴様たちは「謙遜しちゃってなんなのさ!」と僻むのではなく、そこに対しても低い姿勢で自分を見せている石原さとみの美しさを学ぶといいな。



<スポンサーリンク>



●昔の顔・横顔の画像と比較!

 

 

美ぼうに対して並々ならぬ努力をしている石原さとみ。

塵も積もれば山となるではないが、やはり毎日の積み重ねが全てを作り上げているのだろう。

そんな尊敬に値する石原さとみの昔の顔・横顔の画像と比較してみたいと思う。

やはり年齢を重ねるごとに色気が増して、本当に昔の顔と比べて今の彼女の美しさはフランスのルーブル美術館に寄贈してもいいのではないか。と思うレベルだ。

若い頃の石原さとみは、やはりまだあどけなさが残っていて可愛らしいが「美しい」という言葉はまだ似合わないな。

横顔と比べてみても、やはり今の方が肌にも艶があるように思う。

若い頃は、若さの肌の美しさがあるが今は日々の積み重ねで作り上げられた美肌を感じてしまう。

肌で色気を感じさせるのは、石原さとみの才能だろうな。

チャーリー閣下
それでは失敬する。また会いに来てくれたまえ。手土産などは気にする必要はないぞ。ハッハッハ








<スポンサーリンク>



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)