山崎賢人の演技力の評価は?上手いのか?下手なのか?

ハイム
待たせたな。
君が知りたいことを教えてやるよ。







山崎賢人は、現在放送中のドラマで主演をはっていたり今年の6月には主演映画が公開を控えているなどその勢いが止まらない若手俳優の1人だな。

既に多くの作品に出演している山崎賢人でファンも多く持っている人物だが、俳優としての評価は世間でどうなのだろうか。

つまり、俳優:山崎賢人の演技力の評価がどうなっているのかどうかということだ。

上手いのか?それとも下手なのか?

君たちファンからすると、俳優:山崎賢人の演技は上手い!という言うに決まっているが世間ではどう評価されているのかだ。

これは、今後の山崎賢人が俳優として活動していくならば避けては通れない道だ。

調べてやったから、君たちファンも心して世間の評価を知るがいい。

山崎賢人プロフィール

  • 名前:山崎 賢人(やまざき けんと) 
  • 生年月日:1994年9月7日 
  • 出身地:東京都 
  • 身長:178㎝ 
  • 血液型:A型 
  • 所属事務所:スターダストプロモーション 
  • 職業:俳優

山崎賢人は、あの人がごった返している東京都の原宿竹下通りを歩いていた時にスカウトされて芸能界デビューしたと知っていたか?

しかも、聞いて驚くのがその当時の山崎賢人の年齢が中3だったということだ。

竹下通りを歩くのは同世代で溢れかえっているのに、その中でも山崎賢人は砂金の粒としてスタッフの目に留まったということだな。

北川景子らが所属する大手事務所のスターダストプロモーションに所属しているが、その中でも現在最も押しに押されているのが俳優:山崎賢人だ。








山崎賢人の演技の評価は?

https://cdn.narinari.com/site_img/photox/201710/13/20171013028.jpg

大手事務所に押しに押され売り出されている、俳優の山崎賢人だがその勢いは凄いものだ。

ドラマだけでなく、映画にも多く出演していて女優とダブル主演だがその数は他の若手俳優を圧倒的にしのいでいる。

しかも、大物俳優や女優との共演も数多く果たしていて役者として学ぶ機会もとても多い恵まれた環境の俳優だ。

そんな俳優:山崎賢人の演技力の評価は世間でどのようにされているのだろうか。

俳優として今後も活動していくならば、やはり世間の評価は知っておかないといけないだろう。

早速、山崎賢人の演技力の評価について調べてみたぞ。

調べてみると、山崎賢人の演技力に関しての評価は全体的には悪くはいないようだ。

特に、2017年に放送されたドラマ「陸王」では主演の役所広司の息子という設定で山崎賢人は出演していた。

役所広司と言えば、日本を代表する大物俳優で勿論役者としての実力は説明不要なほどだ。

そんな大物実力俳優の息子役として出演した山崎賢人だが当初は、あまり期待されていなかったようだぞ。

なぜなら、この陸王は池井戸潤原作の人気小説の実写ドラマだからだ。

主演の役所広司に関しては何の問題もないが、その息子役に若手俳優の山崎賢人で務まるのか?という声があったようだな。

だが、実際にドラマが始まってみると大物:役所広司に負けないように一生懸命演じている姿が評価を挙げたようだ。

しかも、その生き急ぐ感じが役とピッタリと合いドラマのヒットにつながったと評価されている。

個人的には、若さというのは勿論不安要素ではあるがある意味絶大な武器になるものだ。と思っている。








山崎賢人は、演技が上手?下手?

はっきりと、山崎賢人の演技は上手だ。下手だ。

という意見はあまり目にしていなぎが、山崎賢人の演技が批判された作品が1つあるようだ、

それが、2015年に放送されたドラマ「デスノート」だ。

デスノートと言えば、説明不要の大人気少年漫画だったが俳優の藤原竜也主演で映画化され、その後俳優:窪田正孝主演でドラマになった。

このドラマで、山崎賢人は窪田正孝演じる主人公の月のライバルである探偵のLを演じていた。

このLで山崎賢人が見せた演技が大批判を受けていたというのだ。

なぜかというと、藤原竜也主演映画でこのLを演じていたのが俳優の松山ケンイチだからだ。

松山ケンイチと言えば、こちらも幅広い役を演じることが出来る屈指の実力を誇る俳優だ。

そこに、主演の天才俳優である藤原竜也と絡み映画は大ヒットとなった。

だからか、映画版のキャストとドラマのキャストが比較されてしまったのだ。

山崎賢人はまだまだ松山ケンイチに足が届くような実績も実力もない若手俳優だ。

松山ケンイチは、映画で原作のLに本当に近いメイクや行動などをしていたが山崎賢人の場合は、Lに全く似せようとしていない。

山崎賢人のまんま。と評価されてしまったのだ。

そこで大根役者:山崎賢人というレッテルを貼られてしまったという事だ。

松山ケンイチを比べるのは、さすがに個人的には山崎賢人に同情したい。

もしドラマで、松山ケンイチの様に原作に似せていたらそれはそれで松山ケンイチの真似だ。と言われていたに違いないだろう。

山崎賢人の演技が上手か下手かというと、個人的には下手ではなくまだまだ伸びしろのある才能ある若者だと思っている。








まとめ

どうだったんだ。

山崎賢人の演技力に関しての評価はあまり悪くはないようだ。

だが、デスノートでは松山ケンイチと比べられてしまい大根役者として叩かれていたようだな。

ある意味、実写作品に出演すると言う事はそういう宿命を持っているはずだ。

映画版で藤原竜也・松山ケンイチと天才クラスの俳優をキャストした後のドラマキャストは比べられてしまい大変だっただろう。

個人的には同情もするが、山崎賢人ももっともっと経験と大物たちと共演し学んでいけば末恐ろしい実力俳優になるだろうと期待はしている。

【関連記事】