大谷翔平の高校時代!成績や身長・球速は?彼女はいたの?画像は?

チャーリー閣下
待たせたな。貴様の希望、チャーリー閣下だ。

2018年ロサンゼルスエンゼルスでメジャーデビューを果たした大谷翔平、1年目から通用するのは難しいのではないかという一部の声を跳ねのける活躍を見せている。

日本ハムファイターズ時代の活躍はもちろん、高校時代から注目度がとても高い選手だった。

今回は大谷翔平の高校時代に注目をして紹介しよう。

大谷翔平の高校時代の成績など

引用:https://sportiva.shueisha.co.jp/clm/baseball/npb/2017/01/09/___split_2/

まずは大谷翔平の高校時代について紹介をしよう。

高校に入学する前からその高い才能で注目を集めていた大谷翔平は、岩手県の野球の名門である花巻東高校に入学をする。

花巻東高校は、2019年にメジャー挑戦をするのではないかと言われている西武ライオンズの菊池雄星を輩出している。

大谷翔平は1年生春の大会ではは4番ライトで公式戦に出場をしている。投手としての活躍も期待されていたが、花巻東高校の監督が成長段階にある大谷翔平をゆっくり成長させるため、野手としての出場だった。

高校時代に無理をして、才能があってもプロで思うように活躍できない選手もいる中、大谷翔平はいい監督に恵まれたともいえるな。

それでも、名門校で1年生から4番を任されるのは、打者としての才能もずば抜けていたことの証明でもあるな。

3年生が引退をした1年生秋には、大谷翔平は早くもエースとなり、「みちのくのダルビッシュ」とも呼ばれた。

〇〇のダルビッシュはかなりの者に与えられた称号だが、最も活躍をしているのは大谷翔平で間違いはないな。

大谷翔平の場合、ダルビッシュすら超えることも期待されている、二刀流という枠の中でメジャーでどれほどの活躍をするのか楽しみだ。

話がそれてしまったが、大谷翔平の高校時代に戻ろう。2年生の夏に出場をした全国高等学校野球選手権大会(夏の甲子園)の帝京戦で、大谷翔平は骨端線損傷のため投手ではなくライトとして出場をした。

しかし4回から投手として出場、この試合である記録を作るのだが、これはこの後の球速の項で説明をしたいと思う。

3年生の春に出場をした選抜高等学校野球大会(春のセンバツ)では、同世代のライバル藤浪晋太郎の大阪桐蔭と怪物対決が実現した。

この試合で花巻東は敗れたものの、藤浪晋太郎から大谷翔平はホームランを放った。

この年の夏の甲子園出場も期待されたが、地区大会で残念ながら敗れてしまう。しかしこの大会でも偉大な記録を樹立した。これについても後の球速の項で説明をしよう。

高校時代から注目を集めた大谷翔平は、ドラフトで日本球団に入らず、直接メジャーへ挑戦するのではないかと噂された。

しかし日本ハムファイターズが指名をし、入団することとなった。



<スポンサーリンク>



大谷翔平の高校時代の身長は?

引用:https://angels-ohtani.com/%E6%B3%A8%E7%9B%AE%E9%81%B8%E6%89%8B/shohei-ohtani/

続いては大谷翔平の高校時代の身長を紹介しよう。ちなみに、2018年現在の身長はおよそ193㎝である。

高校入学時

高校入学時の大谷翔平の身長は、183cmだったそうだ。ちなみに日本人男性の平均身長は171.5cmほどである。

高校1年の時からすでに平均身長を超える体格だったわけだな。

高校3年時

高校3年の時点ですでに190cmを超えていた大谷翔平、190㎝という身長はプロ野球選手の中でもかなり高く、190㎝を超える日本人プロ選手は20人ほどしかいない。

ちなみにライバルの藤浪晋太郎も身長が高く、大谷翔平を超える197㎝ある。

同世代の怪物2人が、どちらも高身長というのも驚きだ。ちなみに、藤浪晋太郎の女房役で現在西武ライオンズに所属する森友哉も怪物の一人であるが、身長は小柄で170㎝ほどしかない。



<スポンサーリンク>



大谷翔平の高校時代の球速は?

引用:https://muagomagazine.com/2374.html

続いては大谷翔平の高校時代の球速を紹介しよう。

1年生秋

エースとなった1年生秋の時点ですでに147㎞/hの球速を記録していた大谷翔平、すでにプロで十分通用する球速である。

2年生春 第93回全国高等学校野球選手権大会

高校時代のプロフィールでも紹介をした、2年生春の第93回全国高等学校野球選手権大会で大谷翔平は怪我をしているにもかかわらずマウンドに立った。

帝京戦で記録した150㎞/hは高校2年生として最高球速記録タイである。この記録を達成したもう一人の選手は、マー君こと田中将大である。

3年夏の地区大会

3年夏の地区大会で花巻東高校は甲子園の切符を手にすることができなかったが、大谷翔平は偉大な記録を打ち立てた。

それはアマチュア野球史上初となる最速160km/hという記録である。



<スポンサーリンク>



大谷翔平の高校時代の彼女は?

最後に気になる大谷翔平の高校時代の彼女の情報を紹介しよう。

そもそも今の段階で噂だけは上がるが、交際しているという情報が上がらない大谷翔平、高校時代に彼女がいたという情報はなかった。

野球に専念をしていたのは間違いないようだ。

チャーリー閣下
それでは失敬する。また会いに来てくれたまえ。手土産などは気にする必要はないぞ。ハッハッハ








<スポンサーリンク>



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)