山口達也の記者会見の矢田次男弁護士のプロフィールや伝説は?

スポンサーリンク





今日山口達也の記者会見があったが、それを取り仕切って誘導していた、一人の弁護士がいたが貴様は気にならないか?

何であのような白髪のおじいちゃんのような弁護士が今回のような大事の内容を取り扱っているのか?

実はこの矢田次男弁護士は芸能関係では非常に有名な弁護士の一人として活躍されている。

矢田次男弁護士に今回スポットを当ててみたい。

矢田次男弁護士のプロフィール

矢田次男弁護士は1971年に中央大学法学部を卒業。

そして2年後の1973年の9月に司法試験に合格。

そして1976年には東京地検の検事になり、仙台、千葉、釧路などの検察庁に勤務をしている。

東京地検特捜部には正直エリートしかなれない。

なのでこの時点でかなり敏腕弁護士ということがわかる。

1989年に東京地検を退官して次の月に弁護士登録をしている。



<スポンサーリンク>



矢田次男弁護士の取り扱った事件

では次に矢田次男弁護士が取り扱った事件をおさらいしていこう。

芸能関係のものが多数あるのでそのうちのいくつかだ。

今は芸能事務所の顧問弁護士もしている。

もちろんジャニーズ事務所の顧問もしているし、郷ひろみやウエンツ瑛士、藤あや子などが所属しているバーニングプロダクションの顧問弁護士もしているらしい。

他には、吉本興業の顧問弁護士もしているとのことだ。

ジャニーズ事務所での不祥事では草彅剛の公然わいせつ事件があったが、その時の弁護士としてもTVなどに出ていた。

他にはかなり昔の話になるが、X JAPANのTOSHIの洗脳事件の弁護士もしている。

そのほかには記憶に新しい日馬富士の暴力事件も担当。

政治家でいえば、石原慎太郎の証人喚問などを裏で支えていたりもした。

そんな有名人たちの事件や事案を担当している敏腕弁護士なのだ。



<スポンサーリンク>



こんな事件にも携わっていた!

若い人、40歳未満の人はあまり聞き覚えがないかもしれないが、1980年代後半の世間をにぎわせたリクルート事件。

このリクルート事件では特捜部の人間として携わっていた。

ちょうどそのあとに特捜部を退官しているのはどういう意味があるのか私は気になるが・・・



<スポンサーリンク>



他にもこんな方たちにも!

こちらのツイートを見てほしい。

このツイートでは、今タイムリーに国会で話題になっている佐川氏の森友問題の弁護もされている。

というかその弁護士の勤務している所長だ。

のぞみ総合法律事務所の所長だ。

その法律事務所では実に30名もの弁護士が在籍しているかなり大きな法律事務所。

政界でも芸能界でも引っ張りだこの法律事務所ということ。

今回の記者会見では矢田弁護士兼所長が同席されていたので、その重みが違う。

私はこの矢田次男弁護士を調べる前は、正直こんなおじいちゃん弁護士で勤まるのかな~と思って見ていた。

しかし経歴や今現在のポジションを調べていくと、自分の考えが間違っていたようだ。

時折、涙を流す場面もTVに映っていた。

このことからも、ジャニーズ事務所の顧問弁護士として、TOKIOがまだ売れていないころから知っている人物の一人だったのではないかと推測する。

もし貴様もなにかしでかしたら、この矢田弁護士が所長を務めるのぞみ総合法律事務所を利用するといい。

金額は安くはないが腕は確かだ。

 



スポンサーリンク







<スポンサーリンク>



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)