石原さとみはなぜ世界ランキング6位?世界の美女100人の決め方は?

スポンサーリンク





チャーリー閣下
待たせたな。貴様の希望、チャーリー閣下だ。

石原さとみは、ドラマに映画、CMに大忙しの女優である。

天真爛漫な性格と高い演技力、さらにはファッションや独自のメイク方法など、世の女性たちを魅了する才能の持ち主である。

そんな石原さとみが、「世界で最も美しい顔100人」に選ばれたことは知っているであろうか。

毎年、日本の女優がランクインすると大きな話題を呼んでいるが、石原はそこで2016年には、世界で6位を取っているぞ。

そんな石原さとみについて知りたい貴様のために、今日は「世界で最も美しい顔100人」について聞かせてやろう。

 

「世界で最も美しい顔100人」とは

 

「世界で最も美しい顔100人」は、1990年から行われているもので、アメリカの映画評論家TC Candlerが個人サイトで毎年発表しているものである。

引用元:https://www.huffingtonpost.jp/2017/12/27/most-beautiful-face-of-2017_a_23317520/

映画レビューサイトではあるが、あくまで個人サイトでの発表ということもあり、日本以外の国では個人ブログ程度の扱いのようだな。

むしろ、メディアで大々的に取り上げている日本の方が珍しいのではなかろうか?

きっかけも、閲覧者からの提案によるもので、基準も個人の好みによっているという、非常にルーズなルールの下で発表されているのだ。

とは言え、1990年から毎年行われ、話題として取り上げられるほどのことはあって、ランクインしているのは世界の美女ばかりである。

 



<スポンサーリンク>





選定基準は?

 

それにしても、世界で6番目に美しい顔として石原さとみが選ばれるとは、彼女の美しさは世界に通用するということであろうか。

日本人が思う美しさと海外で支持される鬱草には違いがあるが、東洋の女性が人気を集めているのは、上位ランクに韓国や台湾女性が入っていることからも理解できる。

では一体、なにを持って石原さとみが世界ランク6位に入ったのであろうか?

「世界で最も美しい顔100人」は、日本では大きく取り上げられるし、世界の女優やモデルを対象にしているだけのことはあり、美女ばかりが名を連ねている。

とは言え、あくまで個人サイトということもあってか、選定基準は非常に曖昧のようだな。

どうやらサイトにも断り書きがあるようだぞ。

「The Independent Critics List is not a popularity contest.(人気コンテストではない)」
「The Independent Critics List intends to inform public opinion rather than reflect it.(世論を反映したものというより、世論を変えようとするもの)」
「lists are very subjective(ランキングはとても主観的である)」

引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%80%E3%82%82%E7%BE%8E%E3%81%97%E3%81%84%E9%A1%94

つまり、世界で最も美しい顔100人に選ばれたとしても、そこには客観的な選考基準はないのである。

要するに、個人の好みで順位が決まるというわけだから、あまり気にしすぎることでもないのであろう。

世界ではそこまで大々的に取り上げられていないのもうなずけるな。

とは言え、世界で100人しかいないランキングに入れるだけ、思わず「いいな」と思わせる魅力を持っているということでもある。

事実、石原さとみは男女ともに人気が高く、女性の「なりたい顔」にも選ばれるくらいであるぞ。

ちなみに、TC CandlerはK-POPアイドルが好きなようで、よくランクインしているようだ。

だからこそ、同じ東洋美女である石原さとみもランクインしたのかも知れぬな。

 



<スポンサーリンク>





過去にランクインした女性たち

 

個人の好みが色濃く反映され、客観的な基準のないものとは言え、1990年に初代グランプリを獲得したミシェル・ファイファーは3回、ミシェル・ファイファー、ソフィー・マルソー、ニコール・キッドマン、キーラ・ナイトレイなどは、それぞれ2回グランプリを決めるなど、レベルの高さを物語っている。

ちなみに、2011年には「ハリー・ポッター」でヒロインのハーマイオニーを演じたエマ・ワトソンがグランプリを獲得しているぞ。

引用元:https://www.buzzfeed.com/jp/harunayamazaki/the-100-most-beautiful-faces-of-2016?utm_term=.gxppLe4rw#.ana7w9EQ6

彼女は幼い頃からファッションに今日にを示し、自分の服は自分でコーディネートするなど、美に対する意識が高かったが、成長するごとにその美しさに磨きがかかっていった。

ルックスもスタイルもよく、女優としての実力も兼ね備えた彼女こそ、世界で最も美しい顔に選ばれるのは必然であろうな。

 



<スポンサーリンク>





石原さとみは5年連続ランクイン

 

石原さとみが世界で6番目に入ったのは、2016年のことである。

これは、本人にとっても自己ベストであったようだな。

引用元:https://www.buzzfeed.com/jp/harunayamazaki/the-100-most-beautiful-faces-of-2016?utm_term=.gxppLe4rw#.ana7w9EQ6

2017年には34位とかなりランクダウンしているが、日本だけならまだしも、世界の美女の中から選ばれた100人にランクインするだけでも素晴らしいことである。

日本人では他に、小松菜奈や多国籍音楽グループである「TWICE」のサナ(湊崎紗夏)などがランクインしているぞ。

引用元:https://www.huffingtonpost.jp/2017/12/27/most-beautiful-face-of-2017_a_23317520/

海外からは、同じく「TWICE」のメンバーであるツウィ(3位)や歌手「AFTERSCHOOL」のナナなど、台湾や韓国といった東洋系の顔が上位にランクインしている。

引用元:https://www.buzzfeed.com/jp/harunayamazaki/the-100-most-beautiful-faces-of-2016?utm_term=.gxppLe4rw#.ana7w9EQ6

このように、いくら個人の好みとは言え、世界の美女が集結したランキングは非常に興味深い。

日本で大きく取り上げられるのも理解できるな。

順位をキープするのは難しいものだが、5年連続でランクインしている石原さとみも大したものである。

それだけ、彼女に魅力があるということであろう。

大人の女性へと変貌を遂げていく石原の美貌に、これからも釘になりそうだ。

【関連記事】

チャーリー閣下
それでは失敬する。また会いに来てくれたまえ。手土産などは気にする必要はないぞ。ハッハッハ


スポンサーリンク











<スポンサーリンク>



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)