山下智久の中国映画公開日はいつ?中国進出で中国語は大丈夫?

スポンサーリンク





チャーリー閣下
待たせたな。貴様の希望、チャーリー閣下だ。

山下智久といえばドラマや映画に数を多く出演する人気タレントのことだ。

そんな山下智久の中国映画のことについて世間では気になるようだな。

そこで今回は山下智久の中国映画や公開日などについて色々まとめてみたのでありがたく思え。

山下智久はどんな人?

引用元:https://www.johnnys-net.jp/

貴様らも知っている通り山下智久といえば、これまで数多くの人気ドラマに出演しているタレントのことだ。

2018年の7月に公開された劇場版の「コード・ブルー」 にも出演していたことでも知られている。

ちなみに、この映画の興行収入は90億円を超えたということでも知られており、大人気映画になったことは間違いない。

ただ個人的には、ずっとドラマを見ていたので映画と比較すると物足りなさを感じたところもあった。

一部のファンの中にもそういった意見をあったようだが、いずれにしてもそれだけ注目された映画だということは間違いない。

出演した俳優陣も、 山下智久以外に、新垣結衣や、戸田恵梨香が出演していたことも背景にはあるだろう。

そんな人気映画にも出演している山下智久だがどうやら海外の映画に出演しているようだ。

その海外とは、中国の映画とのことで山下智久本人が希望したと言われている。



<スポンサーリンク>



山下智久はどんな中国映画に出演?

引用元:https://pbs.twimg.com/media/DjoM7JzU4AAM17P.jpg

そこで、山下智久はどんな中国映画に出演したのか調べてみたのでありがたく思え。

まずは、タイトルから貴様らに教えてやろう。

山下智久が中国の映画に出演したタイトルは、 「解码游戏」という映画とのことだ。

ちなみに英語のタイトルは「Decoder」となっている。

ちなみに日本語で訳すと「サイバー・ミッション」となるのだが、どんな映画が気になるだろう。

この映画は、最強のホワイトハッカーと最凶のブラックハッカーの対決映画となっている。

その中で山下智久は裏社会の大物役で、つまり悪役を演じているようだな。

これまで山下智久といえば、テレビドラマで「クロサギ」で主役をしたことがある。

このドラマでは、山下智久は詐欺師役ではあるが相手は詐欺師だった。

なのでよく似ているストーリーと思っていいかもしれないな。

ちなみにこの映画はアクション映画でもあるということでハラハラドキドキする映画となっているようだ。

そうなると日本でも公開されるのかどうか気になってくるところだろう。



<スポンサーリンク>



山下智久の中国映画公開日はいつ?

引用元:http://kira.kirara.st/blog/data/thumbnail/7264-1.jpeg

そこで山下智久の中国映画の公開日について調べてみた。

公開日については既に決まっているようで2019年1月25日ということだ。

すでに中国や海外では公開されているようだが、 日本は来年のお楽しみということだろう。

ただもともとこの山下智久の中国映画は日本で公開は絶望的と言われていたようだ。

その理由は、中国の映画は公開するしないに関わらずとりあえず作品を作ってしまうのだそうだ。

そして作った後に買取店を見つけるために試写会を開くのだそうだ。

簡単に言うと撮影した映画を競りにかけるということだろう。

そのため挙手する会社がいない限り、そのまま映画がお蔵入りになってしまうことがあるということだ。

そのため山下智久も、日本での公開を今か今かと待ち続けたということだ。

山下智久はこの映画で爪が半分剥がれたりなど、多くの怪我をしたと言われている。

それでもスタンプを使わずに自らが演技をしていたということだ。

それだけ山下智久にとっても気合いの入り方は違ったのだと言えるな。

きっと日本だけではなく海外でも活躍できるチャンスをものにしたいという気持ちだったのだろうと憶測する。

しかし、気になるのは山下智久が中国語を話せるのかということだ。



<スポンサーリンク>



山下智久は中国進出で中国語は大丈夫?

引用元:https://geitopi.com/

さて山下智久は中国進出で中国語は大丈夫なのかどうか調べてみた。

海外のインタビュー映像では流暢な英語で今回の映画の役柄をコメントしている。

日本で、公開されるこの中国映画では、セリフは英語だ。

また、山下智久が実際に中国語を話している映像なども見つけることは出来なかった。

中国でのインタビューでは、山下智久は、日本語でコメントしており、となりに通訳がついていた。

司会者が山下智久に中国語で話しかけていることに対して、日本語で回答していた。

そのコメントの中で、「中国語には日本語で見たことのない表現がある。」と言っていた。

また、「もっと中国語について勉強したいと思います。」とも言っていた。

ちなみに、英語については、山下智久は海外に友人がいて英語を話す機会が多いとのことだ。

そのため流暢な英語を喋れるようになったのだとコメントしていたのを覚えている。

しかし、山下智久が海外進出を考えてからは、まだ間もない。

そのため、中国を短期間で覚えるのはなかなか難しいと思う。

個人的な見解だが、山下智久はまだ中国語は勉強中なのだろうと勝手に憶測する。

まとめ

今回は山下智久の中国映画のことについて色々まとめてみたがどうだっただろうか。

どうやら2019年の1月に、山下智久の中国映画が日本で公開されるようだな。

どんな演技を見せてくれるのか、個人的にも楽しみにしておく事にする。

チャーリー閣下
それでは失敬する。また会いに来てくれたまえ。手土産などは気にする必要はないぞ。ハッハッハ


スポンサーリンク







<スポンサーリンク>



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)